Skip to content →

Filatura Di Crosa Centolavaggi ってなんじゃらほい

年度末のバタバタした雰囲気の中、Twitterであふれていた単語

「チェントラ」

存在はなんとなく、いや前から幾度と無く目にしていたのですが、
今回なんだかすごい購買意欲をかきたてるタイムライン。。。

我慢…我慢…
しようとすればするほど、頭に刻み込まれていく、
「チェントラ、青山、三ツ葉屋さん(Tweetではふたばやって書いてたww)、、」
で、どうしても我慢できなくなり、会社帰りに弾丸で行って来ました。

もんげーーー!!手触り、ふわふわ!!!

だいぶ在庫少のようで、特に今回はベーシックなカラーをいただこうと伺ったので、
あと1かせ、2かせ、これはないです、、っていうのがたくさん。

1かせしかないと言われた濃紺が素敵すぎて、悩んだ末、白と2色でマリンなウエアを
編むつもりで1かせずつ買いました。
1400m/100gという脅威の細さなので、2本取りでいわゆる海外のLace(〜light fingering)糸らしく。
2かせあれば、ウエアも編めるとのこと。4,500円ほどです。コスパ抜群。

オウチに帰ってしばらくもふもふしましたが、
まだまだ出番は先になりそうなので大事にしまってパターンをじっくり考えることにします。

なんじゃらほい、で肝心のスペック書くの忘れてた。以下の通り、極、極細です。
Centolavaggi by Filatura Di Crosa (Italia)
Cobweb / 1 ply
100% Merino
1400 meters / 100 grams
In my stash : Col.324(navy) /130(white)

毛糸がまた増えたのは妖怪のせいなんだよ。
(ジバニャンとこまさんこまじろうしか知らないよ)


他にも色々店員さんに進めていただきました。
同じブランドの「NIRVANA」はほぼ同じ素材、手触り、太さで相互に使える糸。

あと、LANGの、MERINO 400 LACE…かなぁ?これもふわふわ♡
チェントラ2本取りと同じくらい、と教えてくれました。カラーが豊富。

そして、これはいつか買う!って思った糸があったんだけど………それも忘れた…。
三ツ葉屋さんの、一番左奥にある糸。
LANGのAlpaca Superlightであってるかな…?アルパカを起毛させた糸なのです。
上のMERINO 400同様、カラーが豊富。

とにかく発色がすごくよくてキュンキュンきて、
なが〜い編地サンプル(8号でスカスカ編み)を見せてくれ「これが10gだから、25g一玉でこの2.5倍」
これも地味にコスパ良い??

そして、起毛のLaceで思い出すのは、
編みたい候補、pompomのlus!!
ゲージが合うかは全く未検証だけど。
とびきりのキャンディカラーをメインカラーにもってきて、大胆な胸元も可愛く着られないかしら、と。
髪を切って年相応に戻ったとはいえ、
多分そんな冒険ができるのは今が最後なので、
ダイエットしながらもうちょっと考えます。。

編んでるほうは編みかけ減量大作戦です。
VitamineDが両袖とも減し目が終わってて、必要な長さまで直線編みのみとなりました。
会社の冷房避け用なので、長袖にするよ!
やらねばやらねば!!

Published in 編みかけ 編みたいもの 毛糸 毛糸屋さん

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*