Skip to content →

フラックスKコーン祭り(持ち上げて突き落とす系)

後日談も追加しておりますので、合わせてご覧ください

日本の有名ブランド毛糸は、とにかく小巻。
50g、40gがメインかなぁ?よっぽどの極太でもなければ、それ以上は見かけません。。
特に小さいのが、今回の主役、フラックスK。わずか25gです。
どれくらいかというと、A4コピー紙6.25枚分、らしいww

ちょっとした会議の資料より軽い。
この間、久しぶりに店舗で見たらミニチュアのようで、ため息ついてスルーしたのです。
一度も買ったことがありませんでした。。

そんな商品320g=約13玉がmichiyoさんの「糸を一度も切らないプルオーバー」の指定で、
なんでやねんwwwと思っていたのですが、

なんと、直営Webショップ限定で333gコーン巻き販売、のニュース。
michiyoさんのブログでも告知され、タイムラインは購入祭り、歓喜の舞い。

私は最近増える一方の糸の前で、しばらく悩みましたが、
これが売れてこれからのいい流れになれば、という応援の気持ち(とフラックスKへの興味)で、1コーン購入しました。

あまりに買いすぎてて家族に言い出せず自分のカード&平日指定にしたのは秘密だよ…
あ、平日指定は週末に試験があったからでもあるよ…

早い人は土曜あたりからどんどん到着。は、いいのですが、なんかタイムライン不穏な空気。

明らかに軽い

どうやら、複数コーン買った人が重さを測ってみたら10g誤差があったというところからはじまり、
コーンの推定重量(30g)を引くと明らかに333gないぞと。
そして巻き直すとやっぱり少ないと。
そこから、計測結果をまとめようと呼びかけもあり、計測祭りが始まりました。
私も居ても立っても居られなくなり、夫が出かけてたのもあって指定を変更して日曜夜に到着。
結果は、347gでした。。。(´・ω・`)大敗北。
なんというか、怒りよりもただただ呆然で…。応援で買ったつもりの結果がこれで、しょんぼり。
先ほど玉に巻き直して測ったので結果も載せときます。(雨の湿気もあってか到着時より1g増えてます。)

巻き直し前(糸+コーン):348g
巻き直し後(糸):318g
コーン:30.0g

繋ぎ目は一つもないです。
ツヤっとして触り心地もよく、色も何にでも合わせやすそうないい色。
ほんとに、これが通常商品(で、表示量入ってる)だったらウエアにかなりフル活用したくなる素敵な糸です。

前記の呼びかけをされている方の最新コメントが以下。。

フラックスKのコーン巻、今まで集まった情報でコーン込み346g〜366g364g、コーンは29〜32g。どう見ても10g以上少ない量をターゲットにしているように見える…

ほんと、到着直後には落ち込んでたのが、今はどういうプロセスでそんなことになってるのか、興味津々です。
コーンという特別商品なので通常よりコストがかかる→少なめで!との特別な判断?
それとも、普段も少なめで、現場で同じパーセンテージで重さ設定したら誤差が大きすぎた?
どちらもありそうです(あくまで、ありがちNGパターンからの私の想像です)。

ちなみに、別の方のブログから知りましたがメーカーサイトでこのような説明があるようです。

100gを越え300g以下:マイナス10%・プラス10%
↑300g以上なのでまた異なるかもしれませんが、上記なら私のも法律的には問題ありませんね。

ただなんにせよ、ユーザの心理がつかめてなさすぎて…。
別に誠意なんていいんですよ、余分にサービスしろとも言ってない、
適正な価格にしていいから、仕様として書いた重さは用意してください。
せっかくのユーザ獲得チャンスに盛大にユーザ逃しますよ。

ふぅ、私なりに書きたいことは書いた。しばらくは様子見かなぁ。
どうせしばらく糸は自粛気味で行かなきゃいけないので、わざわざ不買もしませんが買いもしないと思います。

後日談はこちら

次の記事も糸メインだよ(๑´ڡ`๑)てへぺろ こんどは幸せな記事だよ〜♪

Published in 毛糸

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*