Skip to content →

フラックスKコーン祭り・その後

先日書きましたフラックスKコーンの話題。
動きがありましたので、記しておきます。(散々書き散らかしたので…)

私は測って、記事にして、ブツブツ言って満足していたのですが、
問い合わせがとても多かったようで…。
(私のTLでも数人いらっしゃったので、恐らく出荷数に対しての割合がすごかったんじゃないかと。)

突然、お詫びの文章とともに、小玉2玉とショールピンが届きました。

More flax K from Hamanaka web store
More flax K from Hamanaka web store
(後ろの大玉は比較のJulia100g超)

文章は皆さんの問い合わせた結果と同じことが詳細に書かれています。
(以下原因の部分だけ抜粋)

(前略)
こちらの商品は、333gのかせ(染料の調合のために3カセで1kgになる様に)にして染め上げて乾燥させた後、それを1カセ丸々コーンに巻き直したものとなっております。
調査の結果、規定通りにカセは作っておりましたが、染色後の乾燥しすぎや、逆に染色前の水分含有量にむらが生じている可能性があることがわかりました。
お客様にご購入頂きました商品に関しましても重量が不足している可能性がございますので〜〜
(後略)

なるほど、なぜ333gだったのか?や軽くなってしまう原理がわかって嬉しい。(そこか)
あと、この騒動が始まった時、皆さんの「もともと持っているメーカーに対する不信感」がすごかったので、対応が早かったことや丁寧な対応に、少し驚きました。
トラブル対応、本当に大変だろうなぁと思います。お疲れ様です。(職場が似たような状況だったんで他人事じゃない)

また、問い合わせてメーカーに意思表示をしてくださった方、本当にありがとうございました。


ここからはまたブツブツ言っちゃうのですが。

やっぱり腑に落ちないのは、なんで乾燥させた後の重さ測った(測るよね?)ときに問題にらなかったんだろう…。
過乾燥だろうとなんだろうと、手元に届く時の重さが大事だよ、、
別に、乾燥以前から大々的に宣伝してたわけでもないだろうしさ…。
まさにmichiyoさんプルから生まれた企画なら、320gで良かったじゃないか。
私のコーンはそれでも足りないけど、2〜3gなら「まぁこんなもんかw」で済んだよな。。

さて、今後どうなるかはわかりませんが、今回のことはこれで決着となるのでしょうねえ。

コーン売り、嬉しいんだけどなぁ。
これで次、ちゃんと課題クリアされてコーン発売されたら私、ちょっと好きになると思う。

それでは、手乗り小玉ちゃんとともにさようなら。良いGWを♪

More flax K from Hamanaka web store
(小さい…小さすぎるよ…)

Published in 毛糸 毛糸屋さん

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*