Skip to content →

Dye科学実験【データ編】

今日は子供が生まれて初めてかもしれない自宅でひとりの夜。
明日は一人で一日フリー。
これはなにかせねば!絶対せねば!!ということで、
大科学実験ならぬDye科学実験やりました!(寒いとか言わないで)

やったけど、膨大な量の内容になるしまだ乾燥中なので、今日はデータ編。

毛糸

まず、毛糸は悩みに悩んでピエロさんの生成りコーナーで購入。
毛100%(染め方がいっぱい出てくる)の並太(失敗しても適当な小物編めるように)
と、保険かけまくりの選択肢。。笑
あとSusie Teeで使ったコットン・ニィート(S)も染めたよ。
買って失敗するのは怖いけど余り糸ならいくらでもね。

まずは染める量ごとにかせに。(かせくりきも生成りと共に来たよ!!)

Dyeing!!
Before

上から順に、以下の様な方針で染められております。

  1. コットン・ニィート(S) 65g …化学染料1色染め
  2. 毛生成りカセ 95g …本命ブツブツ
  3. 毛生成りカセ 79g …食紅ブツブツ
  4. 毛生成り玉巻 75g …調べてて発見した変わった染め方、うろ覚えで

(おお、生成り249gってマジか)


染料と道具はこちら。
Dyeing!!
どうぐ

染料(化学染料+食紅)

  • Rit ロイヤルブルー
  • Rit ダークブラウン …ユザワヤ
  • 食紅、赤・ピンク・黒 …東急ハンズ

化学染料はマローネ・エ・アズーロ、食紅はベリー系だよ!

道具(全て100均!)

  • 焼きそば用アルミプレート(大活躍)
  • ドレッシングボトル3本
  • 刷毛(今回不使用)
  • 雑巾(綺麗に染まったww)
  • 手袋(必須)

あと化学染料使うならあったほうがいいと思ったのは、耐熱のカップや器。
できればレンジもいけるやつを。
気にしなければ料理用のボウルとか食器でも良いけど、プラは染まるらしいです。
適当に用意してたプラの使い捨て容器やペットボトルは熱湯で変形してしまったよ。


手順

今回の染めの基本的な流れは、

  1. カセ、または玉に分ける
  2. 酢水につけておく(コットンはRitの指示通り水で)
  3. 染料を(に)つける☆次回詳細書きます
  4. レンジでチン!(コットンは熱い染料にドボン)
  5. 冷めるまで待つ
  6. 色が出なくなるまでゆすいでから洗剤で洗い、すすぐ

な感じです。
アドバイスたくさんいただきました。ありがとう!楽しくできました!!

明日は乾いた糸を巻いて写真撮って、技法と合わせて載せますね。
水滴が垂れるのでお風呂で乾燥中ですが、いやぁ色々意外でいい感じです♡

Drying!!
Drying!!

わくわく♡寝よう。。

続きはこちら↓


Published in 毛糸 Helpful 染め

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*