Skip to content →

Spinning party special 2: 毛刈りショー

覚えているうちに書いとかねば、なひつじちゃんの毛刈りショー。
…と、ちまちま書いていたつもりでしたが、1週間たってしまうと全然覚えていない残念な鳥頭。。
書けるだけ書いておきます。

最初に牧場の方が毛刈りの時期などについて説明。
その後畜産技術協会の方が毛刈り実演とその説明、
最後にスピナッツの方が羊毛の部位を説明されながら仕分けしていました。
部位の説明は聞けなかったのですが、前半で印象に残ったことを覚えてる限りで羅列します。
最後に写真、いっぱい貼りますね。

・毛刈りの時期は5月ごろ
通常、毛刈りは暑くなる前に行うそうです。
この子達はスピニングパーティーのために頑張っていたので、黒ちゃん(勝手に命名)なんかは周りの羊にちょっかいを出されて薄くなってるところがあるんだとか。

・刈る時の姿勢
腹側はお座り、サイドから背中にかけては横向きゴロンで刈ります。
確か、刈りやすいというかできるだけ動きを封じる?姿勢だったのかな?忘れてしまった…。
お座りがね、ちょうかわいいよ(写真参照)
でも、刈る人がうまいから大人しく居てくれるのであって、
かといって全員大人しく居てくれるわけでなく、白ちゃん(勝手に命名2)嫌いな姿勢があったりすると暴れるらしい。
まぁ、生き物だからね、嫌なもんは嫌だよね。

・結構血は出るけど痛くない
皮下脂肪が厚いので、痛がる素振りがなければ多少は大丈夫だそうな。
皮膚が張ってないと切れちゃうので刈るところを伸ばす格好で刈るんだけど、暴れられると傷が多くなるそうだ。

・お腹〜お尻の毛は汚れているので仕分けられる
一般的に処分されると言っていました。

・品種
この子たちは雑種だそう。白ちゃんがコリデール系って言ってたかな…。

・毛刈りの方法
大きなところはバリカン一択。小さい数頭飼いのところだと毛刈り用のハサミを使ったりするそうです。ハサミのデモも少しされていました。

・良質な毛をGETする方法(重要だけど難易度激高)
ずばり、羊を飼ってる牧場主さんと仲良くなれ!だそう。笑
毛刈りの日当日その場で仕分けをしてもらうのが大事とおっしゃっていました。
理由は一度袋とかに入ってしまうと、どうしても良質な部位とそうでない部位とを
綺麗に仕分けるのが難しくなるそうで、そうなる前に仕分けてしまうのが一番なんだって。

・フリース…?
[羊1頭から刈り取った毛]が本来「フリース」なのだそうです。

それでは写真を。

羊と次男、エンカウント
羊と次男、エンカウント

毛刈りショー
オリで待つ羊たち。

毛刈りショー
黒ちゃんはお利口さん。

毛刈りショー
されるがまま

毛刈りショー
腹側、ぺろりん

毛刈りショー
白ちゃん暴れるの図

毛刈りショー
暴れるので血だらけ(一応、ハサミのデモ写真)

毛刈りショー
羽交い締め

毛刈りショー
一皮べろりん

毛刈りショー
羊毛の開き(黒ちゃん)

最後に、子供が一人毛の部位を説明を聞きながらGETしてきた原毛を。
くるくるだから人形にするのに使う、と聞いてきたそうだけど部位は忘れたらしい。

原毛(刈りたてほやほや)
原毛(刈りたてほやほや)

毛刈り、見たくて見せたくて牧場の体験とか探してたので、とってもいい機会になりました。
部位の説明はもっと聞きたかったなぁ。

最後に、買った物の記事書いたらスピニングパーティーレポは一通り網羅するかな。

Published in ワークショップ その他 紡ぎ

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*