Skip to content →

【閲覧注意】Spinning party special 1: 生繭日記3

【虫・蛾・蓮コラ系 閲覧注意】

先日の記事、前の日までの記録(変化0)を布団で更新してから起床。
そしたらだ。びっくり、二羽 羽化してるではないか。

穴あきラップしてるし飛ばないという話なので、安心してまじまじと観察。

タイトルにもありますが、虫、特に蛾が苦手な方は、早々に回れ右することをおすすめします。








いくよ。








いいですか?








個人的な感想は、思ったより可愛い、です。
それでは。

2015/10/02(Fri)

蚕

朝。2匹、羽化しているのを長男が発見。
長男からの一言目は「なんかいる!!!!」でした。
元々、蚕を観察してね、と貰ったのになんで結びつかんねん!と突っ込みつつ、虫嫌い親に育てられたらこうなるのかな、と妙なところで反省中。。

2015/10/03(Sat)

蚕

3匹目も羽化。というか、なんか2匹おしりくっつけてないか?(素敵()な予感は夜に的中する)
蚕

1匹、活発な子が上まで上がってきたのでアップが撮れました。
触覚ふわふわ系の、見るだけならとっても可愛い子。

そうそう夜、ふと羽化したあとの繭ってどうなってるんだろうと覗きこんだらですね、、一部、なんかボコボコしてるんです。
あれ、腐っていったりするのかな?と目を凝らしたら

白い繭にびっっっっっっっっっっちりと白い卵が…。
蓮コラダメな私はもう寒気が止まらなくて「あかん、無理、」ってブツブツ繰り返していました。。

2015/10/04(Sun)

さて、前日見た卵。もう一度よく見たら、あれ、黄色い。
どうやら黄色い照明が悪さをしていたらしい。
ちゃんと卵っぽくて、無事直視して写真も撮れたので載せちゃいますよ。
↓古いブラウザだとフィルタかからないかも注意

びっしりの卵
びっしりの卵(クリックで表示)

残念ながら、私にはこの卵ちゃんをこれ以上育てることはできませんので成虫が死んだら一緒にさようならしますが、
世の中には面白いものがあるもので、人工飼料なんてのもあると教えてもらいました。

このショップ幼虫も売ってるのね、楽天恐ろしや。

頂いたお店の方には予めうかがっていたけど、蚕蛾の成虫は、羽も口も退化してて飛べない、食べられない。
交尾して子孫だけ残して死んでいく。
それどころかシルクになるものは成虫にもならずに煮られる運命。
シルクの艶は大好きなので、これで使わなくなるようなことは無いですが、
ちょっとこの儚い命のことを思い出してしまいそうです。

Published in ワークショップ

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*